ペットの葬儀から納骨まで

墓

場所やプランの選択

昨今では、ペットを家族同様に愛している人々からの、ペット供養の需要が高まっています。ペット供養とは、人間が亡くなった場合と同じように、ペット用の葬儀や火葬をおこなうというサービスです。ペット供養では、葬儀に関しては、基本的に個別におこなわれます。まずは自宅またはペット用の葬儀場で祭壇を用意し、そこをペットの遺影と花々とで飾るのです。もちろん線香やろうそくなどもありますし、僧侶による読経もおこなわれます。読経後は納棺となるのですが、これもやはり人間の場合と同じようにおこなわれます。飼い主や近しい間柄にあった人々が、花を添えたり生前好きだった食べ物を入れたりしながら、最後のお別れをするのです。その後は火葬となりますが、これに関しては個別と合同とを選択できるようになっています。個別の場合は、亡くなったペット1体の火葬を、火葬車または火葬場でおこなうことになります。火葬車を選択すると、自宅前など任意の場所での火葬が可能となります。一方合同の場合は、同じ時期に亡くなった他のペットと一緒に、火葬場で火葬します。合同の場合でも、もちろん遺骨が混ざることはなく、1体ずつ骨上げすることができます。またペット供養では、骨壺の選択も可能となっています。ペットの種類や性別、体の大きさにあわせて様々なデザインの骨壺を選ぶことができるのです。骨壺は、遺影と一緒に自宅に設置しておくこともできますし、ペット霊園に納骨することもできます。納骨も個別と合同とを選択でき、いずれの場合も良い状態で管理されるため、昨今ではそれを希望してペット霊園を選択する飼い主が増えています。